雑記のるつぼ

読書とPC、たまにゲーム

人間って何? 『彼女は一人で歩くのか?』 感想

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)

概要

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる、人口細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。
研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。
人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。

森 博嗣氏の新作。Wシリーズ
ウォーカロンと呼ばれる、人間そっくりのアンドロイドが闊歩する時代。少子化は進み、人類は静かに終末へと向かいつつある

人間とウォーカロンの違いは何か

これはシリーズ通してのテーマですね。私も読んでいる間、人間とは何かとずっと考えていました

ハギリ博士は人間とウォーカロンの違いを識別出来る装置を開発したため、「何者か」に命を狙われます。ハギリ博士は、装置を使わなくても直感的に、人とウォーカロンを区別できます。その直感によると、護衛役のウグイは人間

彼女(?)は結構お茶目さんで、ニヤニヤしながら読んでました。 そんな彼女の一言

「それは、私が人間でなくても同じです。また、もし人間でなくても、人間でないことの本当の意味を自分は知りません。そういうものだそうです」

子供が生まれないのは、人工細胞のせい?

人工細胞が開発されたおかげで、人類の平均寿命は劇的に伸びました。しかし少子化は止まることはなく、逆に進行するようになりました。子供が生まれなくなったからです。世間では、バクテリアの感染によって、人類は子供が産めなくなったと考えられています。真実は違うようです。もともと細胞に寄生していたバクテリアがなくなったため、子供が産めなくなりました。人工細胞は「きれい」すぎるのです

私的には、綺麗な方がいいと思うんですけどね

やはり登場 稀代の天才 真賀田四季博士

「黒い魔法をご存知ですか?」

絶対出てくると思っていました。本物かどうかは別ですが。S&Mシリーズがアニメ化されたばかりですしね。ただ1巻で出るとは思ってませんでしたけど。森氏は天才を描くのがうまいと言われていますが、本当にそう思います。この本を読んで気に入ったら、ぜひS&Mと四季シリーズを読んでほしいです

最後に

引用されている、フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』はSF好きなら誰もが知っている名作ですね。もし、読んだことがないのなら、これを機会に読んでみることをおすすめします。